新入社員の東京再チャレンジ

Branding Engineer営業の高橋です。

AWSとは何か

AWS「アマゾンウェブサービスAmazon Web Services)」のこと。

 

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/

ここのサイトから利用可能。

 

Amazonさんが運営している、インターネットを経由して使えるあれやこれやを貸してくれるサービスの総称」

AWSはシステムを「作る人」向けのあれやこれやをインターネット経由で使わせてくれるサービス。

「抑揚」がもたらす効果

会社概要のロープレをした時に一番ダメ出しをされたのが声の抑揚がないことだった。

 

自分の会社説明を録音して聞き直してみたが、クレヨンしんちゃんのボーちゃん並に声に抑揚がなくてとても驚いた。

 

話に抑揚をつけるためには主に3つのポイントがある

 

1・声に強弱をつける。

重要な言葉をワントーンあげて、少し大きめの声で話す。コツとしては

・強調したい単語を大きめの声にする・単語の一音目をしっかりと出す。

 

2・スピードに変化をつける。

大切なところはゆっくりと、それ以外のところはテンポよく話をします。全体に緩急をつけることで、聞き手を飽きさせない。コツとしては

重要な単語だけワンテンポ遅くして、ゆっくり話すようにする。

 

3・間を空ける

聞き手に特に重要なことを伝えたいときに間を取る。強調して伝えたい言葉の前に2秒から3秒、そして後ろにも1、2秒の間を取る。“ 余裕があるように見せる ” 

 

成績を上げている先輩たちを観察してもこの「抑揚」という部分が無意識にできている。周りの話し方をうまい人を真似しながら自分のものにしていこうと思う。

サーバーサイドエンジニアに求められるスキル

*言語スキル

コンパイラ型言語Java/C/C++など)
インタプリタ型言語PHPPythonPerlJavaScript

 コンパイラ型はコンパイルしたときの実行速度の速さが特徴。一方、インタプリタ型言語はコンパイルすることなくすぐに実行することができる分、作業速度が遅いことが特徴とされている。

 

*データベース知識

MySQL
SQL Server
Oracle

 

フレームワーク知識

CakePHP
Ruby on Rails
・Express

 

フロントエンジニアの平均年収が400〜600万に対し、サーバーサイドエンジニアの平均年収は600〜800万と求められるスキルが高い分年収も高くなっている。

オープン系とは何か?

オープン系とは

システムの分類のひとつで、最近のコンピュータで動かすことを想定して、最近のプログラミング言語で作られたような業務システムのこと。

 

業務システムの分類としてオープン系汎用系にわけられる。

 

http://wa3.i-3-i.info/img/data/3300/d003392-3.png

*オープン系は

・最近のコンピュータで動く
・最近のプログラミング言語で作られた

・主な言語としてはC、JavaC++VB

・主なデータベースとしてはOracleSQL ServerPostgreSQLMySQL

 

 

*汎用機系は

・昔のコンピュータで動く
・昔のプログラミング言語で作られた

・主な言語としてはCOBOL、PL/Ⅰ

UNIX機、PC機で構成されることが多い。

ホスト系とも言われる

プログラミング言語【10】Python

1位Python

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/samurai-blog-media/blog/wp-content/uploads/2016/03/python.jpg

         「WEB業界の会いに行けるアイドル」

*特徴

Python」は、Google三大言語(C++JavaPythonのこと)の一つ。

海外(特にアメリカなど)で仕事をする場合に重宝されやすい為、英語が強く海外にも通じる人にとっては汎用性が高い。

AIなど人工知能でも最近注目されてており、ビックデータの解析に使う研究者もいる。

 

*年収と特徴

平均年収612万円

案件数としては少ない状況ですが、これからの需要の高まりは確実なものになっている。今後はAIなどの最先端分野でも活躍を見せてくれるであろう言語。

プログラミング言語【9】Ruby

2位Ruby

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/samurai-blog-media/blog/wp-content/uploads/2016/03/rubytemplate.jpg

                                     「スタートアップの最終兵器」

*特徴

日本産の言語、元々アメリカのシリコンバレー等で爆発的に使われて、その後日本に徐々に入ってきた。

最近では、中小規模のシステムでRubyを採用する所が増えてきている。

 

*需要と年収

・平均年収562万 

Ruby言語の公開されている案件は40件。

案件数は少ない。国内ではまだまだこれから普及していく言語ではあり、根強く残るJavaC言語には遠く及ばない案件数。しかし、海外でも需要が高まっていることから近年日本でも案件数が増えていくとは思われる。

 

 

プログラミング言語【8】Java

3位Java

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/samurai-blog-media/blog/wp-content/uploads/2016/03/Manchester-Java-Community-e1457073276988.jpg

           「業務システムの王様」

 

*特徴

Google三大言語のひとつで、コンピュータのOSに依存しない汎用性の高い言語です。

大型の業務システムを作る際に採用されることが多いしっかりした言語。

 

*年収と需要

プログラミングという言葉を知ってて知らない人はいないくらいの超有名言語。

Java言語の公開されている案件は276件でした。

参考書籍の数も尋常じゃないくらい多いですし、Javaに需要がないということは一定期間ではあまりないと思われる。

ただ、Scala言語(Javaの進化版言語)も出てきている、今後の需要にも注目。